北斗の拳3オンライン

北斗の拳3 評価は両極端?

 掲示板の評価を見ると限りでは、どはまりしている方と、二度と触らないという両極端な意見が多く目につきました。

 

 台の印象は勝敗に大きく左右されるので、その店がどの程度設定を入れるかによりますが、私個人の意見としては、よく出来ている台なんじゃないかと思います。

 

 実際、当サイトの更新が途絶えている間は、久しぶりにオンラインホールじゃなく、実際のホールに通ってました。

 

 MHは年末年始にも設定が入っていたので、稼働率はほぼ100%。3月に入り流石に落ち着いてきましたが、それでも週末に足を運べば7,8割稼働しています。


北斗の拳3の演出と熱いポイント

 1撃の上乗せ+バトル上乗せ 消化試合にならないART

 

 他の台に無い熱いポイントと言えばここじゃないでしょうか。

 

 ARTストックやボーナスを同時抽選する台は他にもありますが、北斗の場合は小役を引いたタイミングでの上乗せとその数G後のバトルでの上乗せが期待できます。そのため、その時乗らなくても数G間はバトルでの上乗せが期待できます。

 

 そして、最初このバトルは出来レースだと思っていたのですが、どうやらこの2G間で純粋に抽選しているようです。その前に引いた小役はこのバトルに突入するかどうかの抽選でバトルの勝敗を抽選している訳では無さそうです。

 

 現在、完全な解析情報が出てないので下手なことは言えないのですが、百烈拳などの熱い演出からバトルに発展しても、普通に負けてかえってくるので演出のバランスなどから考えてもガチの抽選を行っているんじゃないかと思います。

 

 通常時の演出も大幅のパワーアップ

 

 ART中に色々仕掛けの多い北斗ですが、通常時の演出もこれまでのシリーズに比べパワーアップしました。

 

 画像のような会話系演出や、シャッターが落ちてくる七星系選出、ぱちんこ台の北斗ではお馴染みの連続予告演出などです。

 

 ただ、レア小役を引いた時のガセ演出っぷりがひどいので、もう少し抑えてくれると上のような演出も楽しめたんじゃないかと思います。ひどい時は10G間で3回バトルいったりしますからね(笑

北斗の拳3 世紀末救世主伝説の実践結果と設定6の予想

 この台の初打ちは2kほどで激闘乱舞に突入。そして100Gほどの間に北斗揃いを2度、その後はサミータウンのデモ台のような勢いで、2時過ぎから帰宅する9時前まで一度もARTが途切れることなく、最終的に3000G弱ARTが続きました。

 

 拳王乱舞、通常エンディング、その後の「裏」激闘乱舞と初日の数時間で奇跡的なひきをしましたので、どっぷりこの台にはまってしまいました。

 

 その後はずるずるいくかと思ったんですが、意外にも北斗との相性はよく、この台だけで言えば収支は+でおさまっています。番長含めると、多分マイナスになってるはずですが。

 

 そして2度ほど北斗3の設定6らしき台を打つ機会に恵まれたのですが、確率通りARTの突入率が他の台と比べ段違いでした。

 

 両台とも200G以下での突入率が非常に多く、共に600を超えるはまりは1度しかありませんでした。小役の引き、タイミングなどもあるのでこれだけではなんとも言えませんが、サミタで高設定にして打った時も同じような感じで、ARTが1連、2連で終了してもコインが地味に増え、ほとんど減らすことなく打てました。

 

 小役のカウントは基本しないのですが、終日打てば多いか、少ないかくらいを実感できる差はあると思います。カウントしておけばARTが長く続いた時の判断材料に使えそうです。