スロットコードギアス

コードギアス 反逆のルルーシュ

 MHに少し前に入ったのですが、台数が少なく本日ようやく2回目を打てました。

 

 「コードギアス」に関しては、少し前に続編を遊んだロボット大戦に登場していたので、主人公に相手の意思を自由に操るギアスという能力があるということくらいは知っていましたが、もとになったアニメは1度も見ていないので、ゲームに登場しなかったキャラなどはまったくわからない状態です。

 

 そのため、初打ち時には結構な数のエピソードボーナスを見れたんですが、特に印象に残っているのは、洞窟らしきところでルルーシュとスザクらしき二人が叫びながら銃を構えているところ。

 

 もう一つは、ピンク色の髪をした女性、ユフィでいいのかな?彼女に目の力をうっかりつかっちゃってその影響で彼女が銃を撃ちまくり、最後にルルーシュが「多分、初恋だった」みたいなことをいったエピソードです。後、2,3個見たはずですが、この二つの印象が強すぎて忘れてしまいました。


スロット、コードギアス 初打ちに爆発

 さて、台の印象に関してですが、全体的な雰囲気は小役が同じエウレカやサクラ大戦と似ているところもありますが、ARTにものすごく特徴があるので、ここで大きな違いを感じました。

 

 初打ち時は3時くらいから、2000回転でボーナス確率は200分の1ほど、ARTには一度も入っていない台に着席しました。

 

 5kほどで進軍する演出になり、そこでボーナス。その後ARTに入るものの5連ほどで終了。出玉が飲まれるくらいの時に再度ARTに突入。その2継続目にループARTに突入しました。

 

 このループART自体は15回目で終了したのですが、結局これが70連という大継続に繋がりました。

 

 

 継続したARTの9割ほどはカレンで、藤堂ARTには4,5回入りましたが、ほとんど上乗せはせず、冊子には超高確と書いてあったガウェインARTも4回突入して合計3回しか上乗せはしませんでした。

 

 しかしながら、ガウェインART中にセブフラ音を伴ったレギュラーからは5回ほど上乗せしました。

 

 大きく上乗せしたのは上のループと、セブレギュラーのみでした。初打ち時でしたので、他の要素を見逃したところがあるかもしれませんが。

 

 そして左の台も70を超える継続をしていたのですが、私の台と同じようにループARTに入れてからの爆発でした。

スロット コードギアスは賞味期限が短い?

 2回しか打っていないので、えらそうなことは言えないんですが、エウレカなどと比べると台の賞味期限が短そうな印象をうけました。

 

 ART数の確率自体はエウレカなどとさほど変わらないですが、爆発力をもって、そこそこ小役でストックするため、結果ARTの初当たり確率がおさえられ、それが厳しく感じました。

 

 また、他の台との兼ね合いもあり、私の行くMHでは座らない、はいらないの悪循環に陥っており、結構な台数を導入した店じゃないと今後設定は期待し難いんじゃないかと思います。これは、コードギアスに限ったことじゃないですが。おそらくうちの近くはこの後に導入されたバジリスクの方が息が流そうな感じです。

 

 777タウンに早く導入して欲しい1台です。