エヴァ 生命の鼓動

エヴァ 生命の鼓動

 最速導入から3週間ほど遅れてエヴァの新台「生命の鼓動」を打ちました。

 

 前作のモバスロと連携した台、「真実の翼」でしたっけ?これが早い段階で客離れしたので、近くのホールでは導入を見送っているところもありました。

 

 そのため、少し遠くのホールに足を伸ばしたのですが、こちらも導入数がこれまでのエヴァシリーズの半分ほどとなっており、逆に台の取り合いが激しく、導入から少し経過した今でもほぼ稼働率100%を維持しています。

 

 これまでに2回ほど打てる機会がありましたので、私なりの感想と設定推測に関して書いていきたいと思います。


少額で勝負できる

生命の鼓動

 まず、演出面に関してですが、単純に面白いですね。

 

 当たりの軽さと演出のバランスが上手噛み合っていると思います。熱そうな演出でも外れることは多いですが、そこそこの確率チャンスリプが引けますし、RTのおかげで、演出が楽しめるようになりました。

 

 スペックに関しては、ボーナスによる枚数は結果的に抑えられていますが、従来のエヴァと比べてもコイン持ちはそこまで変わりませんし、ボナ確率も抑えられているので、打ちはじめやすい台だと思います。

 

 これまでの収支結果は1回目+4k、2回目+10kとチョイ勝ち。小役をカウントした2度目は3000ほど回してベル確率が6.6とよかったのですが、ボーナス、特にそこそこの差があるRBが設定1の半分も引けていなかったので、周囲の台と比べ早めに止めてきました。

 

 あまり、適当なことは言えませんが、ベル、弱スイカ、RBの確率をとっていれば、2500ほどである程度の設定推測は出来そうな印象です。

 

 しかし、分母が小さくなったといっても1000回転ほどで判断するのは早そうです。

 

 勝ち勝ちくんを使ってカウントしていた両隣の方が、1000回転ほどで共に見切りをつけ、500枚ほどもって席を移動していましたが、帰る時には私の台より出していました。

 

 4箱積んでいた台も1000回転付近では、私の台よりボーナスも出玉も悪かったですし、これくらいじゃどっちに転ぶか判断するのは難しそうです。

 

 止める時までRBの確率を意識してなかったのですが、次回はベル、弱スイカに+RBを意識していこうと思います。


エヴァ 生命の鼓動記事一覧

EVA生命の鼓動の高設定

 左図は、高設定と思われる生命の鼓動を打った時の状況です。 ベル、弱スイカの説明はいいとして、ARTの欄はSPBIGをカウントしました。 後、チェリーは1発目が確定チェリーからのボーナスだったので思わずカウントしていしまいましたが、ここでは無視してください。 3000回転までの流れ 3000回転まで...

≫続きを読む