スロット戦国無双2

スロット戦国無双2で万枚達成

 2ヶ月ぶりにホールに足を運び、「戦国無双2」を打ってきました。新鬼武者再臨以来のホールでの実践となります。

 

 無双シリーズは、今作で3作目くらいのような気がしますが、ナンバリングは「2」ですね。ゲームと同じく「猛将伝」が間にはさまってるんでしたっけ?というくらい、無双シリーズは打ってきませんでした。

 

 掲示板の評価をみても、重い、30スタートは厳しすぎるなど良い評価はあまり無かったのですが、急な休みと、最近の新台、猪木、アクエリにはまったく食指が動かなかったという消去法で着席してみました。

 

 そしてこれが、まさかの万枚に繋がるとは思いもしませんでした。


戦国無双2 1撃万枚突破のきっかけと流れ

 前々日40回、前日数回、今日はまだ回されてない台に着席しました。

 

 20Gほど回すと、小役を引かずとも幸村ステージへ移動。30G後くらいに小役を引き、ほどなく連続演出へ。その演出中に強チェリーを引き、「出陣の刻」に入りました。そして、そのまま「戦国RUSH」に突入しました。

 

 このATは6連で終了し、たいした上乗せもなく700枚ほどで終了しました。

 

 その後300Gはたいした演出もなく、さきほどのAT分が尽きようとしたところ、「一撃当千チャンス」に入り、ゲージがMAX(虹色?)となり2回目のATに突入しました。

 

 そしてこのATが上画のような大連チャンに繋がりました。

 

 きかっけは、幸村の城門突破演出。これで1撃+200上乗せしました。

 

 その上乗せ分の間に、「無双奥義モード 愛」で+50、他にちょこちょこ上乗せし、残り20Gほどになった頃「大義絵柄を狙え」で2つ揃い+200を再び上乗せしました。

 

 2つ目のきっかけは、大連チャン。よほど薄い振り分けを引いたのか、知らないうちにプレミア的な演出があったのか、とにかく継続しました。

 

 初回の爆発は2500枚ほど獲得したところで残りG数が無くなったのですが、継続バトルでは背水でも、白字でも、本多忠勝でもとにかく勝ちました。島左近が現れたり、3人で一斉攻撃したりと、15連ほどたいした上乗せもなくねばりました。

 

 そして20連を超えたあたりで金枠の台詞とともに女性の歌が流れ出し、大爆発しました。(後から調べると、男性の歌だと89%確定のようですね 女性は次回継続確定?)

 

 3つ目のきっかけは、台が壊れたかと思うほどの上乗せでした。

 

 200Gほどの間に「無双奥義モード 愛」に4回、「無双奥義モード 焔」に1回突入し、一気に残りG数が700を超えました。その後も「無双奥義モード 愛」に数回突入したり、単純演出で+100乗せたり好調子が続きました。

 

 ここらで5号機初の万枚かも?と色気を出したり、信長のこともあり、マジに台が壊れてるんじゃないかといらぬ心配もしましたが、不思議なもので、そう思い出すと運というものは他に流れて行くようで、はかったように万枚に後100枚ほど足りないところで残りG数が0になりました。

 

 なんとか継続バトルに勝利しすべり込むように万枚を達成しましたが、最後の継続バトルだけはこれまでと違ってドキドキでした。


スロット 戦国無双2の感想と評価

 最近の台と比べると、演出面は地味な印象を受けました

 

 音が小さく、過剰なあおり音がないためかも知れません。花の慶次は+10Gでもビキビキビキーとなりますからね(笑)

 

 また、+300以上がめずらしくない最近の台では、戦国無双2のG数上乗せは、少し控えめな印象でした。しかし、実際に純増3.0枚のATを体感すると、これまでメインで打っていた純増2.3枚のバイト5と比べてもインパクトが違いました。上乗せした時に、現金換算で考えたのは久しぶりでした。

 

 1日しか打っていないので、スペック面の感想は言い難いですが、時間による獲得枚数はやはりすごいですね。この日も5時間半で万枚を達成しました。

 

 逆にはまりに関してですが、この台に限って特別深いということはなさそうです。通常のボーナスが無く、純増3.0のAT台と考えれば数値的にも予想の範囲内じゃないでしょうか?

 

 全体的な感想を言えば、夢を見られる台ですし、どっからでも勝負しやすい台だとは思いますが、中毒性は低く感じました。ステータスは高いけど、必殺技が無いキャラクターみたいな感じかな。